このページでは、Javascriptを使用しています

小児科


スタッフ紹介

  • 金田 尚(小児科担当部長) 
  • 大月 幸(小児科医長)  H11卒 小児一般、小児神経
  • 大月 哲夫(小児科医長)  H12卒 小児一般、小児神経
  • 木場 由希子(小児科医長)  H19卒 小児一般、小児内分泌

診療内容

小児のすべての急性疾患および慢性疾患に対応しています。夜間、休祝日はオンコール体制をとり、南加賀急病センターとも連携し併設完結型の小児救急医療を行っています。年間外来患者数は約15,000人、年間入院患者数は約500人です。

南加賀における中核病院として対象疾患は一般的な感染症から希少疾患まで幅広く診療しています。また高度医療を必要とするもの、重症救急疾患は金沢大学、金沢医科大学、石川県立中央病院とすみやかな連携をとり対応しています。


特色

近年、小児科領域では身体疾患だけではなく、社会環境の急激な変化などにより心身症、不登校、発達障害など心因的な疾患も増加しており、それらの疾患への対応が急務となっています。小児の心と体は密接に結びついています、小児科医は小児の総合診療医としていつでもすぐに、体も心も診させてもらうということを基本に診療に当たっています。当院は院内学校(小松みどり分校)も併設し、不登校にともなう学習空白を補いながら進級、進学への援助も行っています。

すべての入院患児はスタッフ全員でチーム医療を行い、毎日症例検討や情報を共有することで安全で精度の高い医療を行っています。


診療体制


 
午前 金田(尚)
大月(哲)
大月(幸)
木場
金田(尚)
大月(哲)
木場
大月(哲)
金田(尚)
大月(幸)



このページのトップへ