このページでは、Javascriptを使用しています

産婦人科



スタッフ紹介

  • 田守 正則(産婦人科担当部長) S55卒 産婦人科一般
  • 岡 康子(産婦人科担当部長) H7卒 産婦人科一般

診療内容

  1. 分娩:正常妊娠、正常分娩、疾患合併妊娠(異常妊娠)、疾患合併分娩、無痛分娩、帝王切開術
  2. 婦人科腫瘍(子宮、卵巣、外陰の良性腫瘍および悪性腫瘍)、
  3. 不妊症および卵巣機能不全
  4. 子宮内膜症(子宮腺筋症、卵巣チョコレート嚢胞、月経困難症)
  5. 婦人科感染症:骨盤腹膜炎、急性子宮付属器炎、子宮内膜炎、子宮頸管炎、膣炎、外陰炎、外陰部ヘルペス症、尖圭コンジローマ
  6. 子宮脱等の性器脱(従来的手術およびメッシュを使用した手術、保存的治療−骨盤底筋体操・膣リングペッサリー−の指導)
  7. 更年期障害、卵巣欠落症状、ホルモン補充療法(老化予防・健康維持、閉経後骨粗鬆症の予防・治療等)
  8. 避妊法(ピル、手術法)、緊急避妊
  9. 低用量ピル(避妊、月経困難症・過多月経の治療)
  10. 子宮がん検診

産婦人科医師(主に妊婦健診担当医)が出産に立ち会えるよう夜間および休祝日に常時オンコール体制をとっています。


特色

当院の産科の特色は疾患合併妊娠(異常妊娠)の比率が高いことです。合併症は妊娠高血圧症、妊娠中毒症、胎盤位置異常、切迫早産、双胎妊娠、骨盤位などのように産科的疾患もありますが、糖尿病、甲状腺機能亢進症、慢性腎炎、潰瘍性大腸炎、気管支喘息、パニック障害など内科疾患合併の妊婦さんも多く来院されています。それぞれ専門内科の医師と連絡をとり共同で診察しています。合併症を有している妊婦さんは安心して当院を受診して下さい。選択(予定)帝王切開では手術時出血量も多いこともあり、自己血貯血・輸血を実施しています。無痛・和通分娩にも積極的に対応しています。里帰り分娩、途中からの妊婦健診・分娩予約も歓迎します。
婦人科手術では卵巣良性腫瘍などで内視鏡手術を施行しています。膣式手術(膣式子宮全摘術、膣式卵巣・卵管摘除術、子宮鏡下子宮内膜ポリープ・粘膜下筋腫切除術等)も条件により可能です。性器脱(経膣骨盤臓器脱・子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤・子宮摘除後膣断端脱等)の手術は従来法(膣式子宮全摘術+膣壁形成術)以外にTVM手術(経膣メッシュ使用手術)にも積極的に取り組んでいます。


診療体制


   
午前 初診 田守 大学Dr
(田守)
岡/
(田守)
冨田
(田守)
再診 田守 (田守) 田守 冨田
妊婦健診 田守 田守
がん検診 大学Dr 田守 田守 冨田



このページのトップへ