このページでは、Javascriptを使用しています

消化器内科


スタッフ紹介

  • 又野 豊(内科担当部長)
  • 後藤 善則(内科担当部長)
  • 三輪 一博(内科医長)
  • 高橋 直樹(内科医長)

診療内容

消化管(食道・胃・小腸・大腸)や肝臓・脾臓・胆道の診断及び、内科的治療を行います。


概要

消化器はヒトの内蔵の中でも、重量・体積ともにもっとも大きな割合を占めています。それだけに、消化器内科が担当する疾患も非常に多岐にわたります。
消化管では良性・悪性の各種腫瘍、逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患、肝臓ではB型・C型肝炎をはじめとする各種肝炎、肝硬変・肝細胞癌、膵・胆道系では急性・慢性の膵炎、胆道結石症、膵癌や胆道癌などが含まれます。


特徴

上記のなかでも特に、消化管や膵・胆道疾患の内視鏡的治療と肝疾患を中心に診療しています。前者は内視鏡室のページをご覧ください。肝疾患の主体はB・C型のウイルス性慢性肝炎です。これらは肝硬変、肝細胞癌へと進展するため、早い段階での抗ウイルス治療が大切です。
当科では、インターフェロンを主軸として治療しています。肝細胞癌に対しては、放射線科とも協力して、肝動脈塞栓術やラジオ波焼灼療法などを行っています。


診療体制


 
午前 三輪
末松(消化器新患)
後藤
又野
三輪
高橋
又野
後藤
高橋



このページのトップへ