このページでは、Javascriptを使用しています

皮膚科


日本皮膚科学会認定専門医研修施設


スタッフ紹介

  • 新石 健二(皮膚科医長) H7年卒 皮膚科一般 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 氏野 由理(皮膚科医師) 

診療内容

皮膚科での診断・検査・治療。
夜間と土日祝日、年末年始はオンコール体制をとり、救急受診患者への対応を行っています。
一般的な皮膚科感染症、炎症性疾患、皮膚腫瘍につき診察、検査を行い、患者さんと相談して、場合によっては詳細な検査や治療を行うために、金沢大学病院など他の病院を紹介することもあります。
地域医療連携を促進するため、かかりつけ医院と連携して、患者さんの治療を行うことを心がけています。


特色

皮膚科では、人体の表面を被う皮膚・粘膜に異常が生じている疾患を対象としています。代表的な疾患は以下のような疾患が考えられます。
アトピー性皮膚炎を含む湿疹・皮膚炎群、
紫斑病、
水疱症、
尋常性乾癬や掌せき膿疱症などの炎症性角化症、
白斑を含む色素異常、
膠原病の皮膚症状、
水痘、単純疱疹(ヘルペス)や帯状疱疹などのウイルス感染症、
とびひやせつ・よう、蜂窩織炎、丹毒など細菌感染症、
足白癬や皮膚カンジダ症などの真菌感染症、
梅毒、コンジローマなど皮膚症状をもつ性行為感染症、
皮膚の腫瘍(良性・悪性)

検査:パッチテスト(貼布試験)、スクラッチテスト、プリックテスト、皮内テスト、皮膚生検(組織検査)、細胞診、糸状菌検査、細菌培養、細菌培養にともなう薬剤感受性検査などを行っています。

治療は、原則、皮膚科での標準的な治療を行います。
紫外線治療(ナローバンドUVB治療)、いぼに対する冷凍凝固術など。

なお美容に関しての相談、治療はお受けしていません。
レーザー治療も行っていません。


診療体制


 
午前 氏野
新石
氏野
新石
氏野
新石
氏野
新石
氏野
新石



このページのトップへ