このページでは、Javascriptを使用しています

歯科口腔外科


スタッフ紹介

  • 所属長  田中 眞也(歯科口腔外科担当部長)
  • 松本 成雄(歯科口腔外科担当部長)
  • 山上 玲子(歯科衛生士)
  • 谷口 弘子(歯科衛生士)
  • 荒木 希(歯科衛生士)

診療内容

頭顎部悪性腫瘍、外傷(顎骨骨折等)、唾液腺疾患、炎症(骨髄炎・上顎洞炎等)、 口腔粘膜疾患、神経疾患、顎関節症など口腔外科疾患全般に幅広く対応しています。また、歯科治療は有病者(心疾患、糖尿病、肝疾患など)の治療を中心に行っています。
口腔癌に対しては、ステージ分類により個々の状態別に治療を行っています。治療は化学療法・放射線治療・手術療法を組み合わせて行っており、良好な治療成績を得ています。
特にTPF療法を超選択的多剤併用動注化学療法で放射線科医の協力のもと、セルジンガー法で行っており、舌癌では手術を行わずに良好な治療結果を得る症例が増えています。
口腔外科疾患を中心に、有病者歯科治療などを対象にしています。顎関節症に関しては、スプリント・薬物療法・理学療法・パンピング・顎関節洗浄療法など保存療法を中心に良好な治療成績を得ています。


概要

口腔癌はチーム医療を原則としており、DSAによる選択的動注の化学療法、放射線治療、手術療法を施行。さらに、QOLを主体に在宅医療の援助、終末医療では疼痛緩和や栄養管理などを実施。顔面骨折は3D-CTによる診断で手術適応を決めて実施。軟組織疾患にはKPT/YAGレーザーの治療も行っています。
顎関節症はスプリント療法・咬合調合・薬物・理学療法を主体に行っています。三叉神経痛は神経内科と連携し、薬物療法の他、神経ブロック等を行っています。顔面神経麻痺は麻酔科にSGBを依頼するほど院内連携も行っています。


特徴

南加賀地区で口腔疾患の中心的役割を担っており、各大学病院・一般病院をはじめ開業医院との連携を積極的に推進しています。特に、悪性腫瘍の手術は明海大学病態診断治療学講座・口腔顎顔面外科学U分野・坂下英明教授の全面的協力を得ています。また、前年度月平均50%以上の紹介があり紹介の方を優先しています。

代表的な口腔癌


診療体制

   
午前 初診(再診) 田中(眞) 松本 田中(眞) 松本 田中(眞)
再診(初診) 松本 田中(眞) 松本 田中(眞) 松本

※当科では、特に紹介状を御持参の方、予約の方が優先となります。御了承下さい。




このページのトップへ