このページでは、Javascriptを使用しています

脳神経外科


スタッフ紹介

  • 新多 寿(脳神経外科診療部長) S59卒 脳神経外科一般 脳腫瘍 脳卒中 頭部外傷
  • 村松 直樹(脳神経外科担当部長) 
  • 吉田 優也(脳神経外科医長) 

診療内容

脳神経外科では主に脳に起こる様々な病気の診断・治療を行っています。主な病気は、脳卒中(脳梗塞、脳内出血、くも膜下出血など)や脳腫瘍、頭部外傷などがあります。特に脳卒中は日本人の死因の第3位にあげられており、これからの高齢化に伴いますます気をつけなければならない病気だと考えています。このため、脳卒中については、できるだけすぐに診断し、治療を開始することに力を入れています。手術・薬物治療とともにリハビリテーションも早期に始めることにより、より良い機能回復を目指しています。また脳卒中の再発予防にも取り組んでいます。


特色

患者さんにできるだけ負担をかけずに最も効果的な治療を行うことをモットーに診療にあたっております。
1.検査について
  CTスキャン、MRIやデジタル脳血管撮影検査、脳血流検査などのアイソトープ診断も施行してい
  ます。
  これらの検査を組み合わせて、苦痛が少なく正確な診断ができるように心がけております。

2.治療について
  患者さんにとってより侵襲や負担が少ない治療方法を積極的に取り入れております。
  @脳動脈瘤に対しては開頭手術(顕微鏡下手術)はもちろんですが、カテーテルでの治療(血管内治療)
   をより多く行っております。

  A脳梗塞に対しては、血栓溶解薬を用いた治療(rt-PA静注療法)やカテーテルによる治療(機械的血栓
   除去治療)、頸動脈ステント留置術を適切な判断のもと積極的に行っております。

  B手術が困難な脳腫瘍などに対しては、定位放射線治療も行っております。

  C特殊な内科的治療としてボツリヌス毒素注射による眼瞼・顔面痙攣などの治療も行っています。

  D慢性頭痛の患者さんに対しては、"頭痛外来"(頭痛専門外来)を行っております。

3.入院手術治療が必要な場合には、検査結果や治療法について丁寧な説明を心がけており、ご本人ご家族に十分納得して頂いた上でご希望に沿った治療を行います。また、すべての入院患者さんはスタッフ全員でチーム医療を行い、毎日の症例検討会で情報共有をはかっています。
脳神経外科では手術等が必要でない疾患も多くあり、これらに対しても真摯に取り組んでおりますので気軽に当科に受診してみてください。
救急患者さんに対しては常に脳神経外科医が待機しており、脳卒中や頭部外傷など急を要する病態に対して、どのような時間帯でも診察、手術等ができる体制を整えております。


診療体制

医師3名、看護師1名、看護補助者1名にて診療しています。

 
午前 新多
村松
吉田
新多 吉田 新多 村松
午後 頭痛外来
(新多)

※初診及び紹介状持参の方は、午前中随時受付いたします。月曜日は診察医が変わることがあります。

※再診の方は、原則予約制となっています。

※頭痛外来は完全予約制です。詳しくは当院の地域連携室までお問い合わせください。




このページのトップへ