このページでは、Javascriptを使用しています

健診メニューについて


法定健診


労働安全衛生法に基づく健康診断


法定健診A:\6,620
検査項目

対象:35歳未満・36歳〜39歳

  1. 健康調査書による調査及び問診
  2. 身体計測(身長、体重、腹囲)、視力検査
    聴力検査(1000Hz・4000Hz)
  3. 尿検査(糖・蛋白)
  4. 胸部X線撮影
  5. 血圧測定

法定健診B:\11,620
検査項目

対象:35歳・40歳以上

  1. 健康調査書による調査及び問診
  2. 身体計測(身長、体重、腹囲)、視力検査
    聴力検査(1000Hz・4000Hz)
  3. 尿検査(糖・蛋白)
  4. 胸部X線撮影
  5. 血圧測定 
  6. 血液検査 貧血 (血色素・赤血球)
         肝機能(AST(GOT)・ALT(GTP)・γ-GTP)
         脂質 (TG・HDL-コレステロール・LDL-コレステロール)
         代謝系(空腹時血糖)
  7. 心電図(安静時)
このページのトップへ

生活習慣病予防健診


協会けんぽ、各事業所健診


検査項目 内容
診察等身長、体重、BMI、腹囲、胸部聴診、腹部触診、血圧
視力検査裸眼、矯正
聴力検査1,000Hz、4,000Hz
尿検査糖、蛋白、潜血
沈渣
糞便検査ヒトヘモ2回法(ヘモグロビン定量)
血液検査 血液学血球係数検査 ヘマトクリット、血色素量、赤血球、白血球、血小板
形態検査末梢血液像
生化学16項目 脂質総コレステロール・中性脂肪・HDL-C・LDL-C
AST(GOT)・ALT(GTP)・γ-GTP・ALP・クレアチニン空腹時血糖・尿酸(UA)
総蛋白、アルブミン・総ビリルビン・アミラーゼ・LDH
肝機能
腎機能
その他
眼科眼底検査眼底カメラ(両眼)
肺機能肺活量努力性肺活量、1秒量・1秒率
胸部X線写真・正面 
心電図検査12誘導
胃部内視鏡胃カメラによる検査
胃透視バリウム検査
腹部超音波肝・胆・膵・脾・腎

赤字については、付加オプション項目

このページのトップへ

小松市民病院 人間ドック オリジナルコース


半日ドック

基本的な内容に腹部超音波検査や胃内視鏡検査が含まれたオーソドックスな健診です。

さらに、がん検診、動脈硬化検査を充実させたい方に


一日ドック

男性には前立腺がん検診、女性には乳がん、子宮がん検診が含まれます。
他に動脈硬化や骨密度検査、甲状腺の検査なども含まれた充実した内容になっています。


一泊二日ドック

糖尿病の診断に使われる糖負荷検査試薬や口腔外科の検査も含まれた
全身の健康状態を把握できる内容になっています。


脳ドック

MRI・MRA検査により、自覚症状のない初期の脳梗塞、脳動脈瘤などを発見できます。
脳外科医の専門的な診察もあるコースです。

検査項目
診察問診(既往症、自覚症状等)、胸部聴診、腹部触診
計測身長、体重、BMI、血圧(座位)、腹囲測定
尿検査蛋白、糖、潜血
血液検査白血球(WBC)、赤血球(RBC)、血色素(Hb)、ヘマトクリット(HCT)、
総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール、
AST(GOT)、ALT(GTP)、γ-GTP、クレアチニン(CRE)、尿酸(UA)、
空腹時血糖、HbA1c
心電図検査安静時12誘導
頭部MRI、MRAMRI室
頚動脈超音波 
神経所見 
医師の総合判定 
料金\31,090


*各種オプションを組み合わせることにより、自分自身のオリジナルな健診を受けていただくことが可能です。

ドック検査項目一覧は「人間ドック 各コース検査項目」をご覧下さい。


国保ドック、国保脳ドック

詳細については小松市保険年金課までお問い合わせ下さい。

小松市国保ドック事業(外部リンク)

このページのトップへ

特定健診


小松市特定健診、長寿健診

小松市国民健康保険加入者で40〜74歳の方が対象となります。(特定健診)
小松市在住、後期高齢者医療保険被保険者の方が対象となります。(長寿健診)

実施期間:


このページのトップへ

特殊健診


  • 有機溶剤
  • 毒ガス
  • 肝炎ウィルス
  • その他:海外渡航

詳細は健診センターまでお訊ね下さい。


このページのトップへ

無料クーポンご利用の方へ


事前予約制となっておりますので、乳がん検診、子宮がん検診の無料クーポンをご利用される方は、事前に健診センターまでご連絡ください。

※乳がん検診は予約制です。健診センターまでご連絡下さい。
※子宮がん検診は、8時30分〜10時30分までの受付です。
 1階総合案内で「健診」の受付を済ませた後、2階健診センターへお越し下さい。



お問い合わせ

病院の検査の基礎知識