このページでは、Javascriptを使用しています

オプション検査について


オプション検査について



胃がん

  • 胃内視鏡検査(胃カメラ)
    口から細い管を入れて胃の中を観察する検査です。
    ご希望の方には、鎮静剤(検査中眠くなる薬)を使用することも出来ます。
  • 胃部X線検査
    バリウム(造影剤)を飲み、食道や胃の状態を調べる検査です。

このページのトップへ

肺がん

  • 胸部レントゲン
    胸部X線撮影です。
  • 胸部CT
    より精細に胸部を検査します。
    喫煙習慣のある方にお勧めです。
  • 喀痰細胞診
    痰を採取し、がん・菌やウィルス感染を調べる検査です。

このページのトップへ

大腸がん

  • 便潜血検査(2日法)
    便の潜血反応をみる検査です。
このページのトップへ

乳がん

  • マンモグラフィー
    乳房専用のX線撮影です。
    40歳以降の方は、2年に1回はマンモグラフィーを受けましょう。
  • 乳腺超音波検査
    乳腺の密な若い人の診断にお勧めです。

このページのトップへ

子宮頸がん

  • 細胞診
    子宮頸部細胞を採取します。
  • HPV検査
    子宮頸がんの原因であるヒトパピローマウイルス(HPV)感染を調べる検査です。
    がんの発見率は99%になります。
    20歳以上の方は、2年に1度の検診をお勧めします。


各健診コースに含まれない場合は、オプションで行なうことも可能です。
各種腫瘍マーカー(採血)もあります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ

内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)が気になる方へ


動脈硬化検査

  • 頸動脈超音波検査
    首の左右の大きな血管を画像で見ます。血管の動脈硬化による変化がわかります。
  • 血圧脈波検査
    足の動脈がどれくらい狭くなっているか調べる検査(ABI)、
    動脈が硬くなっているか調べる検査(PWV)です。

心臓

  • 負荷心電図
    運動負荷をかけながら心電図をとります。
    狭心症や不整脈も発見できます。

特定保健指導

メタボリックシンドロームに着目した生活習慣病の予防・改善をはかるための指導を行なっております。
医師、栄養士、保健師による指導、6ヶ月かけて生活習慣改善に向けた継続的サポートが受けられます。

※契約企業さまのみとなりますので、ご希望の方はお問い合わせ下さい。


お問い合わせ

病院の検査の基礎知識